津軽民謡流れうた / 藤井ケン子

神戸元町の南京町の脇にあった関西イチのワールドミュージック専門店『リズムキングス』の店長さんだった藤岡さんが
「正月にコレ一緒に聴こう思いましてな、」と携えてきた2018年最初の珈琲盤。
津軽民謡流れうた / 藤井ケン子
渋い三味線の弾き語りにグッと惹きつけられました。

そういえば昔はよく「◯◯のレコード買うたから聴きにけえへん?」とか、
「コレ一緒に聴こう思て。」と言って誰かとレコードを一緒に聴くという事がありましたね。

データミュージックを個人で聴き歩く時代は便利なのでしょうが、
レコードで音楽を聴くことが一緒にいる理由になった時代が今でも好きです。
藤岡さんありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です