watercolers / pat metheny

1107
本日も京都は秋晴れです。
秋の散歩と読書と珈琲な一日はいかがでしょうか。

本日の珈琲盤
watercolers / pat metheny
このアルバムでメセニーとライル・メイズの出会いが
息の長いパット・メセニーグループへと繋がります。
今聴いても驚くほどの清涼感に二人のコンセプトの確かさを感じます。
ジャズのコンテポラリージャズへの脱皮にこの人の存在は大きいですよね。

さて本日もHiFi Cafeは御所南の路地奥で
ひっそりと丁寧な珈琲をスロードリップで提供しています。
本でも開いてお待ちいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です