SONONI(西島芳piano/voice、市野元彦guitar、外山明drums)+Laetitia Benat

西宮のジャズピアニスト西島芳さんの新作CDbookが届きました。
今回はトリオSONONI:西島芳(piano/voice)市野元彦(guiter)外山明(drums)とフランス在住アーティスLaetitia Benat(レティシア・ベナ)のデッサンと写真によるコラボレーション作品。
CD(全7曲)とブックレット(A5サイズ)のset。
西島さんは以前にも「カゾクゾウの旅feat.緒方敏明」という美術家さんとのコラボCDbookを出しています。
今回レティシア・ベナさんの作品に触発されての作品ということですが、
ここで聴ける音楽は紛れもなく西島芳ミュージック。
過去の作品の断片や近年のメンバーでのブラッシュアップも垣間見られ、地続きでここまでの西島作品の延長線上にある。
(西島さんと市野さんの潜在的なECM的気質は非常に相性が良いと思う)
芸術作品にインスパイアーされるとはつまりは彼女の音を視覚化してくれるモノに出会う事の喜び、
自分の音楽を違う角度で映し出す鏡に出会った喜びではないかと思う。
西島さんは生来のメロディーメーカーでありジャズ、ロック、ポップス、現代音楽、クラシック等々様々な
要素を吸収していつもの西島ミュージックの額装を変化させる。
「興味が湧いたら果敢に飛び込んで行く」
彼女の勇気と向こう見ずな気質とは裏腹に出て来る答えは恐ろしく解りやすく誰もが口ずさめるメロディー。
もはや西島芳ミュージックは僕にとってPOPSといって良いほど気負いなく楽しめるモノです。

そして、もう僕は西島さんの次なる一手に期待している。

1 Comments

  1. 西島 芳

    西島芳です。
    大好きなHifi Cafeのブログに、新作アルバムを取り合えていただき、光栄です。
    今回の作品は、音楽的な内容は、ユニット結成以来5年の間に徐々に出来上がったものになりますが、アルバム(ライブでなく録音物)にするならどんなのがいいかな、と考えていたところにレティの作品に出会い、最終的にこのような形になりました。
    当然、制作の過程は、シンプルなCDに比べて多くのプロセスがあり、制作チームのひとりが「音楽は音楽、絵は絵で出したほうが売れるでー」なんて身も蓋もない愚痴をこぼす場面もありました、笑
    自分でも、「カゾクゾウノ旅」に引き続き、またやったしもた、なんでわざわざ、、その答えを真剣に考えたことはなかったですが、吉川さんの言葉にピンとくるものがありました。

    >芸術作品にインスパイアーされるとはつまりは彼女の音を視覚化してくれるモノに出会う事の喜び、
    自分の音楽を違う角度で映し出す鏡に出会った喜びではないかと思う。

    吉川さん、素敵なレビューをありがとうございます。
    こないだお会いできなかったので、なるべく早くお店に伺いますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です