ragtime guiter’s / blind blake

今朝は爽やかな焙煎日和。
梅雨の中休みは嬉しい気分になりますね。

さて焙煎後の開店前にホッと一息、一杯の珈琲と一枚のレコード休憩。

本日の珈琲盤
ragtime guiter’s / blind blake
珈琲にはバリバリのシカゴブルースより
戦前のカントリーブルースがよく合います。
ブラインド・ブレイクはラグタイムブルースギターの達人で
気持ちよくスウィングするギターが堪りません。

本日もアーバンブルースよりカントリー・ブルースのしっくりくる
HiFi Cafeでイナたくゆっくり丁寧に珈琲を淹れています。
ゆるりと本でも開いてお待ちいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です